買ったもの

とりあえず安全対策に買った

こんばんは、ザックンです。

来週の月曜日にいよいよプレオネスタが納車されますが、すでに17年落ち、そしてお値段10万なので故障のリスクを考え三角停止表示板を買いました。

買ったのはこちら

1000円もしないで買えるものの積んでいない人も少なくないはずです。

それと家までの帰り道をスマホをカーナビに使うためにこれを買いました。

うまくやれば7インチサイズのタブレットもいけそうなので、納車時に持っていこうと思います。


納車のワクワクの止まらないザックンでした。

やっぱり買ったキーボード

こんばんは、ザックンです。

以前、お茶により水没して復活したもののなんだかおかしな挙動をするキーボード
ではゲームをプレイが安心してできないので新しくキーボードを購入しました。
ちゃんと日本語キーボードです。


今回買ったキーボードはNPET ゲーミングキーボード「K10」です。

以前、買ったQtopのキーボードに似ていますね。

やっぱり大陸製はベースは同じで似たり寄ったりですね。

今回はメカニカルキーボードではなくメンブレン式にしました。

理由はうるさいから。

打っていて気持ちいいんだけどね!

一応バックライトはついていますが、消灯+3種類だけです。
なのでたぶん消灯して使うと思います。

この三枚の画像がその3種類のライティングです。

個人的には一番最後の光り方が好きですね。

気になるお値段は、2199円です。

正直、エレコムとかの激安キーボードでもハズレがないのでいいのですが、ゲテモノ好きとしてはこういった中華系の面白いガジェットに手を出したくなるのです。

ちなみにドライバのインストールする必要はありません。
内容物も多言語説明書とキートップ引き抜き器具だけです。

使い勝手はごく普通ですし、誤入力もなく普通です。

また、何か買ったら報告しますね!

リトルカブのバッテリー交換

こんばんは、ザックンです。

今日はリトルカブの新しいバッテリーが届いたので交換しました。


まずはこの写真

キーオンでギアはNでグリーンのランプが点灯していないといけないハズですが、消えてます。
実際には薄っすら点いています。

しかし、これではスロットルを煽っていないとウィンカーがつかないのは問題なので交換します。

 

 

 

今回交換するのはこちらの台湾ユアサのYTX4L-BSです。

金額は2073円

左が台湾ユアサのYTX4L-BS(台湾製)、右がGSユアサのYT4L-BS(中国製)

何気に台湾ユアサの方が高性能モデルで信頼の台湾製。
本家GSユアサは中国製というあまり信頼できない国の物が・・・

取付取り外しには

  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー
  • 10ミリ六角レンチ

この3つがあれば大丈夫です。

最悪でも10円玉があれば車載工具を取り出して、それらを使って交換作業もできます。

交換自体は数分で終わります。一番面倒なのは増設した配線の取り回しです。
結構狭いので内部で断線してないか不安になります。

最初と同じようにキーオンでちゃんとNランプが光っています。

しっかりとウインカーも点くようになり、気持ち乗り心地がマイルドになった気がします。

 

 


今度はオイル交換にもチャレンジしてみたいですね。

キーボード掃除道具購入

こんばんは、ザックンです。

以前、お茶で水没させたキーボードが復活したお話をしましたが、そのキーボードが少しおかしな動きをするのです。

ETS2やATSをキーボードでプレイする際、突然「A」キーや「D」キーが押しっぱなしになってゲームを終了させないと戻らないのです。

ちなみにこの記事もそのキーボードで書いていますが、何ら問題がありません。
なんでだろう・・・
「wwwwww・・・」と連続入力状態にならないのにゲームでは入力状態。

オートセーブから戻ればいいのですが、面倒だし何より愛車が事故るのが嫌なので清掃用具を買いました。

エレクトロニッククリーナーとキートップ引き抜き工具3点セットです。

3点セットの中身はブロアーと引き抜き器具、ブラシです。

今回も作業風景の写真を忘れました。

 

 

 

作業手順

  1. PCの電源を切る
  2. 引き抜き器具でキートップを外す
  3. ブロアーで埃を飛ばす
  4. 軸を押しつつエレクトロニッククリーナーをスイッチ内部に吹きかける
  5. キートップを戻す
  6. 完了

この手順でやりました。

とりあえずWASDの各キーだけを掃除しました。

キーボードの軽い清掃であれば、3点セットがあれば大丈夫です。

治ったかどうかはしばらくゲームをやってみないとわからないので再発しないことを期待します。

今回の費用は1822円新しいメカニカルキーボードを買うよりかは安いですし、これからも使えるのでいい買い物だったと思います。