リトルカブのバッテリーお亡くなり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは、ザックンです。

先日、シガーソケットを再度使えるようにしたとき、1度バッテリーを空になるまで使ってしまいました。

「充電すれば大丈夫だべ!」と思ったら毎朝始動時にNランプが薄っすらつく程度まで弱ってしまっていました。
それまでは明るく点灯して、テールやウィンカーを作動させたときに明暗するぐらいでした。

いままで過放電を甘く見ていたためこのような事態になってしまいました。

現状は、走行後ある程度充電されている状態でも6時間後にはほぼ空でNランプが点灯しない、または薄っすら点灯する程度。
エンジンをスタートでウィンカーは点滅せずスロットルを開けないと点滅してくれません。
なので交差点で右左折待ちをするときはスロットルを煽っていないといけない状態です。
たぶん、燃費もその分悪化しているでしょう。

まあ、元々少し弱っていたバッテリーですし、バッテリーも安いし交換もし易いのでまだましですが、バッテリー交換の余計な手間を作ってしまいました・・・

新しいバッテリーを発注せねば。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*