家族旅行in上高地【10/29~10/31】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは、ザックンです。

今日こそは家族旅行のことを書きます(笑


10月29日~31日に長野県松本市、上高地へ行っていました。

丁度この時、台風22号が接近しており前日から雨。

もちろん出発当日も・・・

雨です。

しかも、結構強く降ることもあり、一時視界が無くなるくらい降るときもありました。

 

 

 

上高地の宿についても穂高岳は見えず、
真っ白。

30日には晴れる見込みとの予報だったので期待して、この日は外に出ずにホテルの中で過ごしました。

 

 

 


翌日・・・

写真では判りにくいですが、が降ってます。

しかも風が強く、細かくサラサラとした氷のような雪で風が吹くと当たると地味に痛いです。

ベッドメイクの時間、お昼を食べに行く時間があるのでずっとホテルの部屋に居るわけにもいかず、ホテルを出ます。

ホテルを出ると雪は降っているが何となく太陽が出ていましたが・・・

上高地の名所である河童橋に近づくにつれて吹雪が強くなってきて写真でもわかるくらい降ってきました。

ホテルを出るとき、副支配人が沢渡(山の下にあるバスターミナルのある場所)は止んでいるのでもうすぐ晴れるはずとのこと。

 

 

普段は観光客で平日でもそれなりに人は居るはずの河童橋ですが、今日はまばらです。

当然、ここから見えるはずの穂高連峰も見えず。まあ、毎年見てるからたまには見れない年もあってもいいかもと思い始めました(笑

 

 

昼食を食べてホテルに戻り始めて、ふと足元を見ると小さな雪粒がジーンズに張り付いて凍っていました。

 

 

 

 

戻る途中の遊歩道の休憩スペースでは誰かが作った雪だるまが置いてありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルに戻りロビーのカフェで一息して部屋に戻ります。

今日も何も見れず。

 


最終日は晴天に恵まれ穂高連峰も綺麗に見えました。(写真は撮り忘れた)

帰りの諏訪SAにて昼食を食べて帰りました。

 

 

 

 


今年の上高地、初雪だったそうです。以前から雪は上高地では降られたことがありますが、ここまで悪天候だったのは初めてなのでいい思い出になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*