外出用ノートPCの紹介【ASUS Transformer Book T100TA】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは、ザックンです。
今日は普段、外出時に持ち運んでいるPCを紹介します。


  1. スペック
  2. ベンチマーク
  3. 使い勝手(良いところ)
  4. 使い勝手(悪いところ)

スペック

 

 

 

 

ASUS Transformer Book T100TA
・OS:Windows8.1→現在はWindows10
・CPU:Intel Atom Z3740 1.33GHz
・メモリ:2GB
・記憶装置:32GB(実容量27.4GB)
・解像度:1368×768(タッチパネル)
・インターフェイス:
・取り外し可能なタッチパッド付キーボード(キーボード上部真ん中のボタンを押しながら引っ張ることで外せます)

 

 

 

 

左側面は左から
・キーボード上のUSBポート
・Windowsボタン
・音量ボタン

 

 

 

 

 

右側面は左から
・マイクロSDカードスロット
・マイクロUSB(充電用)
・マイクロHDMI出力ポート
・イヤホンジャック

こちらには通常のUSBポートはありません

 

 

 

 

 

左から
・電源ボタン
・充電インジケータ(小さな穴のようなもの)


ベンチマーク

「Antutu」は非対応なのでありません。

「CrystalMark2004R7」

総合7万6000点

現状においてこの端末がストレスなく作業をするために最低限のスペックと私は感じます。

 

 

 


使い勝手

良いところ

頑丈
金属、ガラス面が少ないので多少手荒に扱っても損傷しないところも良いです。
2013年に購入してトラブルはありません。

前世代Atomより性能が良い
昔AtomCPUを積んだPCと比べると格段に性能が上がっておりブラウジング等は特に問題なく、
動画編集や3Dを多用したゲームをしない限りもたつきは少ないです。

容量が32GB
Windows10への更新や大型アップデートを行っても容量不足にならずに済んでいます。
また、私が買ったとき32GBのマイクロSDがおまけについていました。

電池持ちが良い
2017年現在でもハード使い方をしても3~5時間ほど持ちます。

初期状態はシンプル
日本製によくあるトライアルソフトの詰め合わせはなく、ASUSのソフト以外は入っていません。

総合評価的には無難に良いです。


悪いところ

指紋が目立つ
タブレット側の両面が光沢面で結構指紋が目立ちます。
キーボード側はつや消し等の指紋が分かりにくくなっています。

重心が画面側にある
キーボード側にはUSBポートがあるだけでものすごく軽く、
画面のあるタブレット側が重いので膝上で操作しようとすると倒れてしまいます。

高級感がない
金属感が少なく、樹脂を多用したつくりなので上部ですが安っぽい感じがもろに出ています。
タッチパッドのクリック音が特に安っぽい

充電が専用のACアダプタでないと充電しない
なぜか純正のASUSのACアダプタでないと充電されません。
ACアダプタからUSBで繋げるケーブルは何でも大丈夫のようです。

性能が不足気味
買った直後はサクサク動いても4年も経つとウェブ上のアプリケーションや動画、ソフトウェアは新しい技術を使い、高い性能を必要としてくるものが多くなってきて、windows10もそれなりにスペックを食うのでそろそろ買い替え時かなあと思います。


以上が私のレビュー的なものです。

実はこの後継で買った端末が買って3カ月で落として画面にヒビが入り、タッチパネルを切らないと
使えない状況になったのでまたこちらに戻って使っている状態です。

まだまだ使えるけどそろそろ新しいのが・・・

できれば新MacBookが欲しい・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*